冷え症に効くサプリメント!口コミ人気はどれ?

  • トップページ

冷え症に効くサプリメントの口コミで人気なのは

冷え性の人が常食したい野菜


fruits-722822__180.jpg冷えを体の中から対処していく方法として、1番に考えられるのは食事の内容の改善です。そこで冷え性・低体温の人が毎日の食事の中に取り入れてもらいたい食材があります。それがカボチャ、人参、玉ネギです。この野菜は「温性の食べ物」で、体を温める効果を持つ食材です。

もちろん「温性の食べ物」は他にも様々にあり、ニラや紫蘇なども同じ種類に入ります。ですが注意しなければいけないのは、同じ温性であっても強さの差があるのだということなのです。上記で挙げたニラは温性で温める効果がある食べ物ですが、強い食べ物としての部類にも入り、強いというのは香りだったり、種などは強壮剤などに使用されるほどですから、硫化化合物が多く入っているということになります。

このような食材は食べた瞬間は体をカッと熱くさせますが、強すぎるので避けられてしまう帰来もあります。体を熱くするということは、温めると同じ事だから良いのでは、と思いがちですが、そのような強い食材を毎日食べていたら、かえって悪い作用が出てきかねません。

癖のある植物というのは、良い薬になる事が多いのですが、毒と薬は表裏一体です。ですから薬だと思って食べていても、食べ過ぎてしまっては体に良くない作用も出るかもしれない、ということなのです。個性の強い食品というのは多くを食べなければ、体に良い影響を及ぼしてくれる物もあるのです。

上記に出したニラだけではなく、シソやにんにく、生姜、フキノトウやパセリなども少量食べるだけならば、体に害を及ぼす事は無い物ばかりです。

それでは話を元に戻しますが、毎日の食事に取り入れて欲しいと言ったカボチャ、人参、玉ネギはニラなどと比べるとどうなのでしょう。体を温めるのはもちろんですが、非常に緩やかに温めます。そして糖分も豊富なので、胃腸の弱い人の滋養強壮にも向いている食材なのです。

玉ネギ以外は辛味も無く、カボチャはビタミンA,C,Eが揃っているので毎日食べるのにはとても向いているのです。そして食材の味に癖が無い事は、料理の幅が広がりますし、どんな料理に加えても合わないということは無いでしょう。

毎日の食事の中に上記に上げた3種類の野菜のどれかを入れるだけで良いのですから、冷え性の方で食事の内容を変えていきたいと思っている方は、まずこの食材を取り入れる方法をやってみてはいかがでしょう。
 

冷えをなくすツボ


朝晩の寒さを感じるようになり、手足の冷えが気になるようになってきました。背中や腰が冷えたり、手足の先がなかなか温まらないと、背中が自然に丸くなってきてしまうものです。冷え性は自律神経の乱れと血液の循環の悪さから来るものですが、その原因をツボ押しで解消していきましょう。

まずは指間穴、虎口、八風の3つのツボから紹介します。ツボを探すコツはいずれも左右の手と足の甲の側で指の間の付け根にあります。指間穴は手の人差し指と中指と薬指と小指の間で、虎口は手の親指と人差し指の間になります。

八風は足の親指から小指までの指の間、それぞれの所になります。指間穴と虎口はツボを指で手の平側と手の甲側とでつまむような形を作り、少し痛いくらいの強さで揉んでみましょう。

そして指先にむかって引っ張るようにしてはなすのですが、これを1カ所に付き10回ほど行います。八風のときも同じようにしますが1つだけ注意点があるとすると、右足の時は左手で、左足の時は右手でするように、足とは反対の手を使って刺激をすることです。

次は血海というツボになります。このツボを探すのは膝を伸ばした状態で、膝の内側、膝の皿から2.5cm上がった辺りを探しましょう。親指をツボにあてて大腿骨にむかって30回程度押し揉みます。椅子などに腰掛けた状態で、両足を同時に行うと良いでしょう。このツボは脂肪太りの解消や、肌つやを良くすることにも効果があります。

最後に三陰交というツボです。このツボの名前は聞いたことがある人もいるかもしれません。探すポイントは足の内くるぶしから指4本分上が目安で、すね骨のすぐ後ろにあり、軽く痛みを感じる所です。椅子に腰掛けて、足首を片方の膝の上に乗せます。右足は左手で、左足は右手といったように足とは反対の手の親指をツボにあてて、足首をはさむようにして押し揉み、左右ともに2~3分ほど行います。

以上が冷えに効果のあるツボになります。なかなか自分ではツボを探して刺激する事は難しいかもしれませんが、少しずつする事で体は変化していくはずです。ツボを押したからといって、全てがすぐに解消されるわけではありませんが、寒い季節に向かって冷えないためにも、今からツボを押して血の巡りを良くしておきましょう。
 

中性脂肪値は基準値内なら安心していい?


中性脂肪値の基準値は150mg/dL未満ですが、130mg/dL辺りから善玉コレステロールの減少がはじまります。ですので、基準値内なら安心していいかというと、そういったことではなく、常に食事など気を使うようにして、体も動かすようにしましょう。また、中性脂肪値というのは血液検査をするしかわかりませんので、定期的に検診を受けて自分の中性脂肪値を把握しておくと生活習慣病の予防ができます。

中性脂肪が蓄積されると、動脈硬化が進むことで突然、心筋梗塞や脳梗塞といった命を落とす病気になることがあります。そして、一番怖いのは動脈硬化が進んでも自覚症状がないということです。つまり、気付かない内に体の中で病気が進行していて気付かない内に命を落としてしまう可能性があるということです。

中性脂肪値が高まってメタボリックシンドロームの状態の方は、今日は元気でも、明日はどうなるかわからないということもありますので、数値を減らすように取り組むようにしましょう。

基準値内の方でも注意が必要な方がいますが、最近太ってきたと感じる・血圧や血糖値が高い・悪玉コレステロール値が高い・脂質異常症の人が家族にいる・肉ばかり食べる・お酒が好き・運度不足・たばこを吸う・ストレス過多・閉経している女性など、上記に一つでも当てはまるという方は中性脂肪値を気にしておいた方がいいでしょう。

また、中性脂肪値が高いとわかったら自分の出来る範囲内で改善策を見つけて、健康的な体作りをすることをオススメします。中性脂肪を下げるサプリメントはこれ!
 

低音障害型感音難聴とは?


低音障害型感音難聴という病気についてご存知でしょうか?この低音障害型感音難聴は、若い女性に多いとされているもので、低音の耳鳴りが起こったり、低音だけが聞こえにくくなるという症状が現れます。

これはメニエール病の一種とされており、再発しやすいという特徴が見られます。「低音障害型感音難聴」は、突発性難聴と同様、突然起こる感音難聴としても知られています。

その名が示すとおり、低音だけに障害がおこるという特徴的な症状があるので気付くのは難しくありません。難聴という名前がついてはいますが、蝸牛型メニエールとも呼ばれることもあり、めまいを伴わないメニエール病という側面もあります。

内耳には内、外の二つのリンパ液があって機能していますが、低音障害型感音難聴になると、蝸牛に内リンパ液が過剰に増加し、症状が出てくるようになります。

メニエール病は平衡感覚と関係する前庭でもリンパ液が増えることで、めまいが起こるものですが、低音障害型感音難聴では蝸牛だけでリンパ液が増えるためにめまいの症状が起こりません。メニエール病もそうですが、20~40代の比較的若い女性が多く発症する傾向があるようです。

低音障害型感音難聴になると、突発性難聴のように急激に聞こえが悪くなる場合もあり、何か耳が詰まった感じがする、軽度の低音の耳鳴りがするといった特徴から、症状が重くなる前に気付いて聴力検査で発見されるケースも多いようです。

急に発症する難聴ですから、突発性難聴と間違われることも多い病気です。しかし、突発性難聴が一度しか発症せず、場合によっては聴力が回復しないケースもあるのとは違い、低音障害型感音難聴では、メニエール病と同様に繰り返し発作が起こります。

また、幸いにも突発性難聴と比較すると聴力が元に戻ることが多いので、発作の時期だけでも治療を受けるようにしながら、病気と上手につき合っていくことが大切です。

メニエール病では疲れやストレス、睡眠不足などが発症の引き金になりますが、低音障害型感音難聴でもそれは同様です。ですから、発症を抑えるには、規則正しい生活、十分な睡眠、ストレス解消を普段から意識しておくことが必要になってきます。参照;http://www.creature24.com/